大豆イソフラボンと相性抜群!一緒に摂りたいDHAとEPA

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの働きをサポートする事で人気を集めています。しかしもう1つ忘れてならないのが、LDLコレステロールを抑制する働きです。これは、かなり大きな健康効果だと言えます。

そして、LDLコレステロールを抑制するということで、一緒に摂取すると相性の良い栄養素があります。それがDHAとEPAという「オメガ3脂肪酸」と呼ばれる不飽和脂肪酸です。

両者にどのような関係性があるのか、詳しく見ていきましょう!

DHAとEPAについて

オメガ3脂肪酸と呼ばれ、青魚に多く含まれているDHAとEPAという不飽和脂肪酸があります。血液をサラサラにする作用や、コレステロールへの作用などが確認されている優れものです。

食事から摂取するには、いわし・サバ・サンマ・マグロ・アジなど特に青魚を食べることとなります。しかし最近は魚を食べる事が少ないという人が増えており、DHAやEPAの摂取量が減少しています。

イソフラボンとの相性

DHAやEPAというのは、「酸化」しやすい性質があるので、摂取してもすぐに酸化する事が懸念材料となっています。そこで注目したいのが、イソフラボンの「抗酸化作用」なのです。抗酸化作用によって、体の中でDHAやEPAが酸化しにくい状況を生み出す事ができます。

その結果、DHAやEPAの効果を思う存分に発揮してあげる事が出来るのです。もちろん、大豆イソフラボンの効果に何か悪影響が出てくるという事はありません。

血液の健康管理に最適

大豆イソフラボンのLDLコレステロールへの作用と、DHAやEPAの血液サラサラ作用によって、血液の健康管理が出来るようになります。

とても相性がよく、相乗効果が期待できるので血液の健康が気になる方にはとてもお勧めの組み合わせとなっています。

効率的に摂取するにはどうしたらいい?

大豆イソフラボンもDHAやEPAも、食事から摂取することは可能です。しかしDHAやEPAというのは、サプリメントで摂取する方が比較的簡単だとも言われています。

魚が苦手な人や、あまり食べないという人にはサプリメントからの摂取もお勧めしています。

このページの先頭へ