保湿力が高い肌になるためにクレンジングと洗顔は肌質に合わせる

乾燥肌なのでスキンケアの中でも保湿には特に気を使っています。

 

かさつきやツッパリがある乾燥肌ではどんなに保湿力が高い化粧品を使ったり手でしっかりとなじませても肌の奥まで入り込まず思うように肌を保湿することができないので化粧品が浸透しやすい、保湿しやすい肌を作るために保湿力の高い化粧品を使う以外にクレンジングと洗顔は必ず肌質に合ったものを使用するようにしています。

 

乾燥肌なのであまり洗浄力が強いクレンジングや洗顔を使用すると肌の表面に必要な保湿成分や油分まで全て洗い流してしまうので、メイクをしっかりと落としながらも潤い成分まで洗い流さない、洗った後に肌がつっぱらずカサつかないクレンジングと洗顔料を探しました。

 

使用してみたら洗顔後の肌でもつっぱることがないので化粧品が肌に浸透しやすくなり保湿力の高い化粧品もぐんぐん肌の奥まで浸透するようになりました。

 

肌の表面がかさついていては肌の奥まで化粧品が浸透せず保湿力も半減してしまうと思いメイクや汚れは落としながらも保湿成分、潤いは洗い流さないようにしたところ、肌の乾燥がかなり治まり化粧品が浸透しやすい肌になったおかげで肌を保湿することがいつもかさついている肌のときと比べてかなりできるようになりました。

 

永久脱毛のレーザーの痛みにも強くなり、出力を上げることも出来ています。

ページの先頭へ戻る